盛岡市消防団

Morioka Volunteer Fire Corps

消防団とは?

消防団員を随時募集しております。 消防団員は、「自らの地域は自ら守る!」という精神に基づき、日頃は様々な職業に就きながら、災害発生時には真っ先に駆けつけ、消防・防災の第一線を担う活動をしています。
消防演習

H22 消防演習

H22 消防演習

消防団とは

消防団は,消防署と共に火災や災害への対応や予防啓発活動などを行う,消防組織法に基づいた消防組織です。

消防署と同じ消防機関

消防団は消防署と同じ消防機関です。消防署は,常勤の職員が常時消防業務に専念しているのに対し,消防団は日頃各々の職業(サラリーマン・自営業等)に専念し、災害等の際には消防団員としてその対応に当たるのが一番の違いです。また,平時においても,災害に備えての訓練や予防広報、所有機材の整備点検等にも従事します。

特別職の地方公務員

消防団員は公務員です。ただし、非常勤であるため特別職の地方公務員となります。災害活動においては公的な活動をすることから消防団員としてなすべきこと,守らなければならないことなどが条例,規則等で定められています。

F A Q

Q:消防団員はどれくらいの人数?

A:市内では,平成30年4月1日現在で1,141人,うち女性消防団員75名が地域のために活動しています。(全国:約86万人)

Q:火事や災害が起きたら、消防団はどんな活動をするの?

A:消防隊員と協力して消火活動を行ったり、風水害等の際は、水位の警戒や土のう積みほか、様々な災害対応を行います。

Q&A 災害時以外にも活動はあるの?

A:災害対応のための訓練、機材の整備点検や、住宅用火災警報機の普及活動や防火訪問等の予防広報等、災害時以外にも地域のための活動を行っています。

Q:訓練等はいつ行っているの?

A:消防団員は、仕事が休みの日や、仕事の終わった後などに集まって訓練等を行っています。

盛岡市非常勤消防団員の定員,任用,服務等に関する条例 (任用)
第3条 消防団員の任用は,次に掲げる資格を有する者のうちからしなければならない。
(1) 市の区域内に住所を有し,又は勤務していること。
(2) 年齢18歳以上であること。
(3) 志操堅固で,かつ,身体強健であること。 

(失格条項)
第4条 次の各号のいずれかに該当する者は,消防団員となることができない。
(1) 成年被後見人又は被保佐人
(2) 禁錮(こ)以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(3) 市において懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者
(4) 日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した

 

お問合せ
盛岡市総務部危機管理防災課消防対策室
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-27-55 Tel・Fax:019-626-7404 Mailshoubou@city.morioka.iwate.jp